VRの活用へのヒントが見つかるメディア

【不動産VRゴーグル】不動産接客におけるVRゴーグルの選び方

VRゴーグルと一言で言っても、スマホに組み合わせて使う簡易的なVRゴーグルから、VRのテーマパークなどで使用される本格的な機材まで幅広くあります。

大きく分けると、「スマホVR」、「PCVR」、「スタンドアローン型」の3つのカテゴリーに分けられます。

1. スマホVR

スマホVRはスマートフォンとプラスティック製や紙製のゴーグルを組み合わせて使うタイプになります。スマホに備わっているジャイロセンサー(傾きや方向を検知するセンサー)を利用し、ウェブブラウザやアプリ経由でVR閲覧が可能になります。

・価格

簡易的なものであれば100円ショップで売ってますし、プラスティック製のしっかりしたものも1000−2000円程度で購入できるので、すでに持っているスマホと組み合わせれば手軽な費用で始めることができます。

・VRの質

スマホはVRに最適化されているわけではないので、スマホの性能にもよりますが、コンテンツの動きの滑らかさなど、VRの質はそれなりの質のものになります。

2. PCVR

PCVRは専用のVR機器を高性能なPCなどの計算機に接続して使用するもので、Oculus RiftとHTC Viveが代表的な製品です。プレイステーション4に接続して使う、PSVRもこのハイエンドのカテゴリーに入ると言えます。

・価格

導入価格は、VR機器だけで5万円程度から、高性能なPCの費用も含めると20万円程度からとなります。

・VRの質

VRコンテンツの動きが滑らかなだけでなく、空間の中を自由に歩き回ったり様々なゲームをしたりなど、複雑なコンテンツにも対応可能です。一方で、機材が大掛かりになりますので、店頭で気軽に使うのには向いていません。

3. スタンドアローン型

スタンドアローン型は、VRゴーグルの中にコンピュータが内蔵されており、コードレスで単独で機能するVRゴーグルです。スマホVRとPCVRの中間にある新しいカテゴリーのVR機器になり、昨年から各社の新製品投入が活発になっています。

・価格

昨年発売されたOculus Goの場合で、2万円台前半となります。スマホVRゴーグルに比べると高くはなりますが、コンピュータが内臓されていることを考慮すると割安とも言えます。

・VRの質

VRの閲覧に特化して開発されていますので、コンテンツの動きはスマホVRに比べると非常にスムーズで、VR酔いの心配は相当小さくなります。PCVR用の複雑なコンテンツなどは現在は対応できないものもありますが、今後対応できるコンテンツの幅は広がっていくでしょう。

賃貸不動産の店舗での接客に使うのであれば、価格、VRの質、運用の手軽さにおいて、スタンドアローン型が最適と言えるでしょう。

Oculus Goについてより詳しく知りたい方は、ぜひ【VRデバイス】Oculus Goの最新情報のまとめとレビューをご覧ください。

次回は、スタンドアローン型VRを店舗での接客に活用する方法について具体的に解説します。

最後までお読みいただいてありがとうございます。セールス・マーケ向け限定資料を以下のフォームに入力して入手することができます。

(この記事は全国賃貸住宅新聞1月28日号掲載「そろそろVRはじめませんか」第20回の内容をベースにしています。)

SNSでフォローする