VRの活用へのヒントが見つかるメディア

目の前に広がる大画面とVRコミュニティ – VRソフト「Bigscreen」

自宅に大きなスクリーンのホームシアターがあったら…。
映画や音楽の好きな方なら、一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。
HTC ViveやOculus Riftがあれば、そんな夢も簡単に叶えられるかもしれません。今回の記事では、VR世界内のモニターで仮想デスクトップが行えるアプリ、Bigscreen Betaを紹介します。

Bigscreen betaとは?

2016年4月に配信された、バーチャルデスクトップのアプリです。SteamもしくはOculusのサイトから無料でダウンロードできます。リリースから1年も経っていませんが、既に定番の地位を確立しつつあるアプリです。
タイトルの通り現在はベータ版としての配信ではありますが、バーチャルデスクトップとして大切なポイントはしっかりと抑えてあり、十分使える出来となっています。

バーチャルデスクトップ機能

20170320232333_1

このアプリの主な機能は、上で挙げた通りバーチャルデスクトップ機能。

パソコンのモニタに映っているものと全く画面を、VR世界のモニタに持ってくることが可能です。PCの画面に映るものはなんでも映せるので、インターネットサーフィンはもちろん、Netflixなどの動画サービスを楽しんだり、プレゼンの資料を作ったりすることもできてしまいます。ヘッドセットを着けてしまうと手元は見えなくなってしまうので、ブラインドタッチができないと文字を打ったりすることは難しいですが、慣れればヘッドセットを外すことなくある程度の作業はできてしまいます。

また、VR世界の環境を何十種類もの中から選べる機能も。作業に合わせて周りの環境を変えることもできます。例えば、ホームシアターの大きなスクリーンで映画を観て、その後にはお洒落なベランダでネットを巡回、なんてこともできてしまうのです。
スクリーンが固定されている一部の環境以外でなら、手元に映し出されるスクリーンの大きさやカーブ、位置も自由に動かすことができるので、常に見やすい環境で作業を行うことができます。

バーチャルデスクトップだけではない! ー ソーシャル機能

あ
上で紹介しただけでも十分多機能であることがわかってもらえたと思いますが、実はBigscreen Betaは更なる目玉機能を持っています。それはソーシャル機能です。
上で紹介したように、プレイヤーはホームシアターやベランダなどの好きなところで大画面を楽しむことができるのですが、それに加えて他のユーザーを自分の部屋に招いたり、逆に遊びに行ったりすることもできるのです。

実際にいくつかの部屋に遊びに行ったところ、ゲームを大画面で遊んでいる人、日本のアニメの上映会をしている人、カラオケをしている人(!)など、皆さん思い思いに遊んでいました。
英語が得意でない筆者にとっては大変でしたが、部屋にいる海外の人たちとちょっとした会話を楽しむこともできました。ほとんどのユーザーが英語圏の人なので、英会話の練習にもいいかもしれません。

ビジネス用途 ー オンライン会議に使えそう

aaa
上で挙げたようなエンタメ的な使い方が真っ先に思いつくこのアプリですが、筆者はどちらかというとビジネス向けなのではないかと考えています。オンライン会議に使えば、遠く離れた会社の人とも即座に円滑に話し合いが進められるでしょう。

Skypeなどのビデオ通話サービスでもオンライン会議はできますが、顔だけが映し出されるビデオ通話に対して、没入感のあるBigscreen Betaでは「その場にいる感覚」をより強く感じることが可能です。電話というよりも「実際に会っている」感覚なので、細かな打ち合わせもスムーズに進むこと間違いなしです。
Skypeでも画面共有機能を使ってプレゼンを行うことができますが、Bigscreen Betaではスライドに加えて身振り手振りでの表現も可能になるため、よりリアルにプレゼンを行う・聞くことができるのです。

現在は一部屋に入れるのは4人までですが、人数制限が緩和されれば、大規模な会議に使うこともできるでしょう。近い未来では、ゲーマーよりもビジネスマンのBigscreenユーザーが多くなっているかもしれませんね。

著作権の問題に注意が必要

便利で楽しいBigscreen Betaですが、利用する際には著作権への配慮を忘れないようにしましょう。
個人で再生する分には全く問題ありませんが、誰でも入れるオープンなオンライン部屋で、有料会員制のサイトで配信されているコンテンツなどを流すのはNGです。また、ゲームのプレイ動画配信も作品によっては問題になる可能性があります。

明確な線引きがないものもあり難しいところではありますが、常識の範囲内で利用することが望ましいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
Bigscreen Betaは、大画面での作業が行えるようになるだけでなく、VR世界で他の人と交流までできてしまう優れものアプリです。PCVRデバイスをお持ちの方は、ぜひお試しになってみてください。

 

Bigscreen Beta
価格:無料

Steamリンク:http://store.steampowered.com/app/457550/
Oculus Storeリンク:https://www.oculus.com/experiences/rift/1018613041536358/

参考リンク:
VR分野のゲームとエンタメについての記事一覧
VRゲームやVRを使ったエンタメ分野に興味がある方はこちら

SNSでフォローする