VRの活用へのヒントが見つかるメディア

憧れのアーティストのライブを目の前で楽しむ 会場にいるような臨場感を楽しめる映像4選

Entertainment Show Stage Music Concert Performance

Entertainment Show Stage Music Concert Performance

臨場感たっぷりの映像を楽しめることで今注目を集めているVR。そんなVRの動画の中で是非チェックして欲しいのがライブ音楽パフォーマンスのVR動画です。人気アーティストの歌声を実際に会場にいるかのような没入間のある映像とともに楽しめます。実際のライブ会場には行けなかったけどアーティストの歌声を会場の雰囲気とともに楽しみたい!そんな方のために今回は360°音楽パフォーマンスを誰でも簡単に見ることのできるYoutubeから幾つかピックアップしてみました。

1. Maroon5のThis Love をステージ側から楽しむ


こちらの映像はルーマニアの首都であるブカレストで行われたMaroon5のライブをVRで楽しむことができます。この映像の面白いポイントはカメラがステージ側に設置されており、普段であれば見ることのできないメンバーの後姿やステージ側から見た観客の様子を楽しむことができる点です。Maroon5の中でも有名なThis Loveという曲を熱唱するボーカルAdam、とそれに合わせて手を高く上げて左右に振る会場の一体感に注目して観て欲しい映像となっています。

2. 大原櫻子のめざましライブを目の前で


2016年の「お台場みんなの夢大陸2016 めざましライブ」で撮影された映像です。この映像では女性から多くの支持を集めている大原櫻子ちゃんが自身のファーストアルバムである「HAPPY」に収録されている“Happy Days”を披露しています。こちらのライブは360°カメラの台数が多く、大原櫻子ちゃんの動きに合わせてカメラも切り替わるため非常に見やすい映像となっています。大原櫻子ちゃんがそんなカメラの台数の多さに途中戸惑う姿や、カメラに向かって指差しキメポーズ行う姿からは目が離せません!サビ部分の“Go!Go!Go!”では思わず会場の人たちに合わせて拳をあげたくなってしまいますね。

3. Superflyのパワフルボイスに息を飲む


こちらはSuperflyがリリースした5thアルバムに収録された大ヒット曲である“Beautiful”を大坂城西の丸庭園のFreeLiveで披露した時の映像です。デビューからもうすぐで10年である彼女は当然のことながらそのパワフルの歌声と実力からファンも多いです。まずこの映像を見て驚くのが会場の人数です。会場の最奧まで彼女の歌声を聴きに来た人で埋め尽くされているのがわかります。そんな広い会場の隅々まで届きそうな声量と透き通った声質に圧倒されてしまいます。

4. 音楽ユニットみみめめmimiのキュートなパフォーマンス


音楽ユニット「みみめめmimi」のツアーである「微炭酸ファンファーレ」の中の東京公演で披露された“晴レ晴レファンファーレ”を360°で体験できます。「みみめめmimi」は2013年から活動している音楽ユニットでアニメやゲームのテーマソングなどを手がけています。女の子らしいなんとも可愛い声が特徴で会場の熱気もマックスです。音楽にあわせてサイリウムを振るファンの一体感が観ていて楽しいです。同ライブで披露された“ミッデイ”という曲もYoutube上に存在するので是非チェックしてみてください。こちらは“晴レ晴レファンファーレ”とは異なり、かなりしっとりとした曲調となっています。


5. まとめ

いかがでしたか?もちろん生でアーティストの演奏を聴くのも楽しいですがVRであれば本来見ることのできまい近さでアーティストのパフォーマンスを見ることができたり、ステージ側からみた会場を楽しむことができたり、本来のライブでは味わうことができないようなVRならではの楽しみ方もありますよね。自分のお気に入りのアーティストのライブVR映像を探して自宅で360°のライブパフォマンスを楽しんでみてください。

参考リンク:
VR分野のゲームとエンタメについての記事一覧
VRゲームやVRを使ったエンタメ分野に興味がある方はこちら

SNSでフォローする