VRの活用へのヒントが見つかるメディア

【360度VR動画×世界遺産】360度VR で旅する世界遺産5選!

みなさんこんにちは! 最近ますます話題になってきていますね、VR。ゲーム、テーマパークだけではなく医療の分野でも使われています。今回は世界遺産の風景を簡単に楽しめる360度VR動画の一部をご紹介していきます!

動画はYoutubeで視聴できます。

スクロールしてぐるぐると全体を見渡すのもいいですし、スマホをお持ちの方は動画をVRモードにしてVRゴーグル(グラス)を使って視聴してみてください!

この他にもアプリ内で「世界遺産  VR」と検索するとたくさんの動画が出てきますが、ここではその中の5つを紹介していきます!

 

1.インカ帝国の遺跡。空中都市マチュピチュ

 

この動画は撮影者が歩きながら撮影しているため画面が揺れることがあり気分が悪くなるかもしれないので気をつけてください。

マチュピチュを上から見下ろす場面から始まり、シーンの切り替えが行われ遺跡の内部を歩いていきます。少しカメラの位置が高いので他の観光客の方を見下ろしている感じにはなりますが、他の人よりもちょっと高い目線で遺跡の石造りの感じを楽しむことができます!すぐそこが崖になっている場面もあるのでちょっとしたスリル感も味わえるかもしれませんね。

 

2.石造りの巨大建造物。エジプトのピラミッド群

この動画は撮影者がラクダに乗って移動しながら撮影しています。ラクダに乗る前の場面から始まるのでラクダを間近で見ることもできます!

ラクダに乗ってゆっくりと進んで行きます。見渡す限り砂漠ですがその中に佇むピラミッドの迫力はさすがの一言ですね!

ラクダに乗っている雰囲気、砂漠の風景、ピラミッドの迫力のどれもをこの動画では体験することができます!

 

3.ブルボン朝の栄華の象徴。ヴェルサイユ宮殿

この動画は撮影者が歩いて撮影するのではなくシーンが切り替わるようになっていてシーン内を自分で自由に見回せるようになっています。

ヴェルサイユ宮殿の外観のシーンから始まるこの動画。様々な部屋のシーンに切り替わっていきますが、有名なのはやはり「鏡の間」でしょうか。どの部屋も装飾が豪華絢爛で見ていてうっとりするほどです。「シーンが切り替わるだけではその場にいる感覚なんて味わえないんじゃ…」なんて思わないでください!自分自身は動いていなくても周りの観光客の方は動いているのでその場にいるという感覚はリアルに味わうことができます!

ヴェルサイユ宮殿の豪華絢爛さを360度動画でぜひ体験してみてください!

 

4.日本の豪雪地帯の世界文化遺産。白川郷、五箇山の合掌造り集落

ここからご紹介するのは日本の世界遺産です。

この動画は撮影者自身が移動しながら撮影しているため画面が揺れることがあります。また、画面の下の方に大きくロゴマークが入ってしまっているため視界の邪魔になってしまうのがちょっと残念ですね。

雪がまだ少し残っているぐらいの季節の白川郷をゆっくり歩いていきます。両脇には雪が少し屋根に積もった合掌造りの家々が並んでいます。昔ながらの日本の風景を堪能してみてはいかがでしょうか。海外に比べて比較的行きやすい場所ではありますが訪れる前に一度見ておくのもいいかもしれませんね!

 

5.「神宿る島」と称される世界文化遺産の島。沖ノ島

最後にご紹介するのは世界文化遺産に登録されたばかりの沖ノ島の360度動画です。この動画はナレーション付きの動画のため、島の風景だけではなく、沖ノ島の歴史も360度動画と一緒に楽しみ、学ぶことができます。人間の手が行き渡りすぎていない自然が残る沖ノ島の内部の雰囲気を存分に堪能してみてください!今にも森の匂いが漂ってきそうですね!

 

6.まとめ

360度動画で楽しめる世界遺産を知っていただけたでしょうか。ただ写真だけ見るのでは実感がわかない場所でも360度動画だったらイメージがわきやすいですよね!

旅行に行く前の準備として見るもよし、旅行に行った後の旅の思い出として見るもよし!楽しみ方は人それぞれです!

今回ご紹介したもの以外にも360度動画はたくさんあるので、ぜひ1度YouTube で「世界遺産 VR」と調べてみてください!みなさんが見たい世界遺産がみつかるかもしれませんね!

SNSでフォローする