VRの活用へのヒントが見つかるメディア

Insta360 Pro2 本体ファームウェアのアップデート方法

Insta360 Pro2は、8K解像度での撮影が可能なプロ向け360度カメラです。

Pro2を使っていてついつい忘れがちなのがファームウェアのアップデート。ファームウェアをアップデートすることで、細かなバグの改善や、静止画・動画の全体的な画質の向上など、Pro2のカメラとしての機能の向上が見込めます。

記事執筆日時点での最新版は2019年1月6日に公開されたv1.1.4ですが、特にこのバージョンではHDR動画の撮影HDMIからの音声出力が可能になったり、OSC APIに対応したりするなど、カメラの機能が増える魅力的なアップデートになっています。

THETAシリーズやInsta360シリーズでは、スマホアプリやパソコンを通して簡単にアップデートが可能なのに対して、Insta360 Pro2は若干手間がかかるため、わかりづらくなっています。

そこで今回の記事では、ファームウェアアップデートの方法をわかりやすくまとめてみました。

1. アップデートファイルのダウンロード

まずは、アップデートに使うファイルを準備しましょう。

Insta360公式サイトのPro2ダウンロードページを開きます。

ダウンロードボタンをクリックすると、Pro2のシリアルキーを入力するよう指示が出ます。

このシリアルキーは、Pro2の本体ケース上部に貼り付けられたシールに印刷されているものです。

また、後述しますが、カメラ本体[設定(歯車マーク)]→[Information]からシリアルキーを確認することもできます。万が一シールを紛失してしまった場合は、この方法で確かめてからダウンロードしましょう。

ダウンロードが終わったv1.1.4のアップデートファイルは約200MB。結構容量がありますね。

解凍して、.bin形式のファイルにしておきましょう。

2. SDカードに転送

ここまでの準備が整ったら、Pro2のSDカードに上記の.binファイルをコピーします。

Pro2には6枚のMicroSDカード+1枚のSDカードが挿入されていますが、アップデートに使うのは、このバッテリー部分に挿入されているメインのSDカードです。

これをPCに挿入して、.binファイルをコピーします。コピー先はSDカードのルートフォルダ(一番最初に表示される、一番上の階層)です。

このとき、Pro2からSDカードを抜く前にPro2の電源は必ず切るように注意してください。電源を入れたままSDカードを抜き差しすると、データが消える恐れがあります。

コピーが終了したら、SDカードをPCから取り外し、Pro2本体に戻しましょう。

3. Pro2本体に適用させる

SDカードを戻したら、Pro2の電源をオンにします。このまましばらく待てば、自動的にアップデートが適用されます。

筆者がアップデートを試みた際には、一度立ち上がった際、以下のようなエラーメッセージが表示されヒヤヒヤしましたが…

そのまま待っていると自動で再起動し、そのまま正常にアップデートが開始しました。

また、バッテリーの残量が少ない場合もエラーメッセージが表示されて正常にアップデートが行えません。バッテリー容量が充分になってから行うようにしましょう。

アップデートは数分で終了します。アップデート終了後もSDカードにコピーした.binファイルは残っていたので、残しておいても特に問題はなさそうですが、気になるのであれば削除しておきましょう。

Pro2の[設定(歯車マーク)]→[Information]から、本体のファームウェアバージョンを確認できます。今回のアップデートの場合では、以下の写真のようにV:1.1.4と表示されていればアップデートは成功です。

ちなみに、この画面に表示されているぼかし部分が、アップデートファイルをダウンロードする際に入力したカメラ本体のシリアルキー(シリアルコード)になります。

4. まとめ

いかがだったでしょうか。
アップデートにはSDカードの挿入が必要で、ちょっと面倒ではありますが、手順自体はそんなに難しいものではありません。

ファームウェアをアップデートするだけで、バグが解消されるだけでなく、カメラ本体の性能が別次元的に向上することもあります。定期的にアップデートはチェックするようにして、是非この記事を参考にアップデートしてみてくださいね。

SNSでフォローする