VRの活用へのヒントが見つかるメディア

平塚・藤沢エリアのNo.1管理会社!ユーミーClassさまスペースリー活用インタビュー

みなさん、こんにちは。Spacelyの江崎です。
今回はスペースリー導入事業者様インタビュー企画の第3弾として藤沢のユーミーClass様にお会いしてきました。

今日はよろしくお願いいたします。ユーミーClassさんは平塚・藤沢で管理会社をやっていらっしゃるんですよね。

そうですね、弊社は平塚・藤沢を中心に賃貸物件やマンションの管理をしています。お客様第一主義を徹底し、地域に根差した企業であることを理念に掲げています。

スペースリー導入のポイントは?

平塚・藤沢ではNo.1の管理会社さんなんですよね!!そんなユーミーClassさんが弊社のVRサービス導入に至ったのはなぜだったのでしょうか。

リコーシータのカメラ自体は以前から持っていて360度画像の撮影はしていました。ただ、街の仲介会社さんにデータだけをお送りしていただけで、正直うまく活用できていませんでした。そんな時に360度画像をVRとして見せられるサービスがあることを知りました。いくつかのサービスを比較しつつ、賃貸住宅フェアで話した後にSpacelyの無料トライアル(※当時はフリープラン)に登録しました。
賃貸住宅フェアの際に、接客だけでなくwebに強そうな印象を持ち、実際に使い始めてみると、紙でもwebでも簡単に使える部分で使い勝手の良さを感じました。さらにコンテンツの質もよく、かっこいいということで導入が決定しました。

実際にスペースリーを導入されてみていかがでしたか?

使い方としては、自社ホームページへの埋め込み、マイソクにQRコード掲載、ポスティング/DMでのQRコード掲載などで利用しています。エンドユーザーや仲介会社さんなどいろんな方が持って行って下さいますし、アクセスがちゃんとあるので効果が把握できるので重宝しています。またアクセス数などの詳細もアナリティクスで効果分析できるので、Webページの評価にも利用できて非常に良いです。

様々な方法を試していただいて、成果につながっているのは、弊社としても嬉しい限りです。その他にもこれはよかったという使い方はありますか?

実は、Spacelyさんのシステムは、オーナー様向けにも活用しています。リノベーションの状況報告を遠方に住んでいるオーナー様に共有することで、今まで見たくても見れなかったオーナー様たちから感謝されました。そこまでやってくれる管理会社は無いと評判です。また、オーナー様が担当美容師とかに自分の物件をサクッと共有したり、オーナー様同士の会話で手軽に見せられたりすることで、物件自体の宣伝効果もあると思います。

鵠ノ杜舎での成功事例

少し話を変えさせて頂いて、今度はユーミーClassさんで販売を手がけられた、鵠ノ杜舎(くげのもりしゃ)の事例について伺いたいと思います。既に【ハイエンド向け】きれいなVRコンテンツを作る方法〜鵠ノ杜舎の事例〜でも紹介させていただいていますが、この物件でスペースリーをご利用することになったのはなぜだったのでしょうか。

鵠ノ杜舎は周囲に比較すると高級、ハイエンド向けの物件でした。どうやってお客様に魅力を伝えていくかという中で、Spacelyを一手段として選択することになりました。まずはSpacelyを追客の部分で利用することにしました。というのも、内見後のお客さんの気持ちとして、やはり物件を内見した直後が高く、その後ゆるやかに興味が薄れていくという傾向があったからです。「物件さえ継続して見てくれれば、魅力が伝わるのに。」という悔しい思いもありました。

高級物件のいいところをたくさん見てほしいというお気持ちがあったのですね。お客様からしても、いつでも手軽に内見ができるというのはよいことですしね。VRコンテンツの利用後、何か変化はありましたか?

内見後3日後や6日後などに複数回VR閲覧を挟むことで、鵠ノ杜舎の物件の魅力を最大限理解してもらえたと思います。お客さんの中での気持ちの薄れが明らかに少なくなりましたし、物件の魅力をきちんと伝えてくれていることに満足しています。来場者の反応は非常によく、気持ちを離れさせなかったことで後半の成約が大きく伸びました。おかげさまで鵠ノ杜舎の物件は完売しています。

スペースリーがお役に立てたようで私も嬉しいです!

VRを利用した内見で注意すること

お話を伺っていて、ユーミーClassさんは弊社のサービスにかなり満足いただいているのかと思いますが、VRを活用した内見で何か注意するところ、あるいはここはこうしたほうがいいといったような改善点などはあったりしますか?

注意点としては、接客時の活用が向く方と向かない方がいましたね。VRは押し付けるものではないので、VRが好きなお客様にはVR閲覧をおすすめして、そうでない方には360度のパノラマで見てもらうという使い分けが必要だと思います。
改善点としては、アナリティクス分析がもう少し細かくわかると嬉しいですね。HPに直埋め込みだとページに来ただけの人もカウントされてしまうので、そういった部分が分けてカウントとかできるといいですね。

貴重なご意見ありがとうございます。VRを押し付けないという点は弊社でもよく言っています。
今後のスペースリー活用についてはどうお考えでしょうか?

好評だった鵠ノ杜舎の第2号も販売を開始しておりまして、そこでの活用も現在検討中です。今度は追客だけでなく、ソーシャル発信などの集客への利用も行っていきたいですね。また御社の新機能である、セールスVRなども活用してより追客にも力を入れていく予定です。

セールスVRを利用することで、お客さんの気持ちの動きがよりつかみやすくなること間違いなしですね!
沼田さん、本日はインタビューに応じてくださってありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

 

おわりに

今回はユーミーClassさんがどのようにSpacelyを使っているのかを取材に来ましたが、物件の魅力を伝えるために様々な工夫をこなしていることがわかりました。
インタビュー
【ハイエンド向け】きれいなVRコンテンツを作る方法〜鵠ノ杜舎の事例〜ではより詳しいユーミーClassさんのコンテンツの作り方について書いてあります。ぜひご覧ください!

SNSでフォローする