VRの活用へのヒントが見つかるメディア

【新機能】ワークフローでVRコンテンツ制作を効率化!

「ワークフロー」のここがすごい!

スペースリーのワークフローは独自アプリを使い、撮影とコンテンツ制作を同時に完了してしまうシステムです。

 

すごいポイント①
クラウド上で、物件撮影の指示から納品までをワンストップで行うことができる

ワークフローは撮影指示から納品までが繋がった一つの導線として機能するように設計されているので、撮影を指示した人と撮影者の間で齟齬が生じる心配もなく、撮影管理のすべてをクラウド上で行うことができます。

また、納品された360度写真、通常の写真、採寸データなどは、クラウド上で保存、管理できるため、募集用のデータを集約して管理する場所として活用いただけます。

jyuri

すごいポイント②
撮影した360度写真をアップロードするだけで、VRコンテンツが完成します

従来は360度写真を撮影した後に、撮影方向や移動の矢印の設定などを編集して追加する必要がありました。

しかし、ワークフローでは撮影時にアプリ上で撮影方向を設定して、アップロードするだけでコンテンツが自動作成されます。

コンテンツ作成の手間が大幅に削減できるので、大量のコンテンツを作りたい事業者に向いています。

 

すごいポイント③
社内で撮影する場合でも、社外に撮影を依頼する場合でも使えます。

ワークフローの機能は、社内で撮影依頼をする場合だけでなく、社外に撮影を依頼する場合にも使えます。

大量の撮影を外注したい場合でもワークフローをお使いいただけます。

「ワークフロー」機能は、360度VRコンテンツ作成の撮影・画像管理を画期的に効率化することができます。

最後までお読みいただいてありがとうございます。セールス・マーケ向け限定資料を以下のフォームに入力して入手することができます。

SNSでフォローする