VRの活用へのヒントが見つかるメディア

Spacely中級編:VRコンテンツのアクセス分析を行う方法

Spacelyは、VRコンテンツを制作するクラウドソフトです。360°カメラで撮影した写真をアップロードするだけで、ブラウザ上で再生可能なVRコンテンツが制作可能です。不動産、観光、アートなど、幅広い分野で活用されています。

今回ご紹介するのはSpacelyの機能の一つである「アクセス分析」機能についてです。
(※ アクセス分析機能はPROプランのみの機能です。)
アクセス分析を用いることでより効率的な営業活動が可能となります。
それでは早速ご案内いたします。



1. アクセス分析とは?動画で詳しくご紹介!

アクセス解析


まずは動画を用いてわかりやすく説明します。


スペースリーのアクセス分析機能には、Webサイトの現在の状況を教えてくれるレポート機能が付いており、
アクセス数・アクセス元の表示やサイト経由情報などを詳しく見ることができます。
さらに「リファラー」を見ることで、どのような人が自分のサイトにアクセスしているのかを知ることもできます。



2.  Spacelyの「アクセス分析」の使い方

 ①Spacelyの画面にログインする

homepage
Spacelyからマイページへログインします。


 ②右上のユーザー名から「アクセス分析」をクリック

アクセス分析使い方
アクセス分析の画面に移行したことを確認します。
右上の「期間を指定して更新」のボタンで集計期間を指定して検索することが可能です。


 ③物件のアナリティクス詳細をクリック

アナリティクス詳細
アクセス分析の詳細が表示されます。
見方については後述します。



3. 「アクセス分析」結果の見方

アクセス分析結果見方
まずはアクセス全般に関する事項の説明からです。

・ページ
 VRコンテンツを載せたページ名が入ります。

・ページビュー数
 ページが Google Chromeなどウェブブラウザーによって開かれた(表示された)回数のことです。同じページが繰り返し表示された場合も集計されます。(ページを更新したり、戻るボタンを押したりするとイメージリクエストが送信されるため、これらのアクションもページビュー数に含まれます。)

・ページ別訪問数
 ページを訪問したユーザーの数です。ただし、同一人物でも違うブラウザや違う端末を使った場合は、別のユーザーとしてカウントされてしまいますので注意が必要です。同じ人がPCとスマホ両方でサイトに訪問すると、2ユーザーとしてカウントされます。

・平均ページ滞在時間
 平均ページ滞在時間とは、ユーザーがページを閲覧した平均時間のことを指します。ページの滞在時間は「ページの閲覧開始時刻と次に閲覧したページの閲覧開始時刻の差」で計算されます。従ってサイト外へ離脱した場合は計測されません。平均ページ滞在時刻を計算する場合は測定ができたページのみ計算に利用できます。
なお、スマホ等でバックグラウンド上でページを起動していたり、違うタブでページを開いていたりしても滞在時間として計算されます。
※平均滞在時間が0秒になる現象
これはユーザーがサイトを訪問した瞬間に離脱したということではありません。これはユーザーがサイトの1つのページだけ閲覧して他のページに移動した、つまり直帰した場合を表しています。訪問ユーザーの全員が直帰したページは、実際の滞在時間に関わらず平均滞在時間が0秒になってしまうのです。

・閲覧開始数
 ユーザーがお客様のサイトにアクセスしたとき、指定したページを最初に閲覧した回数です。つまり、Webサイトを訪問する際に、そのページが入り口となった訪問の回数のことを言います。
ユーザーが検索エンジンを使って調べ物をしている際、検索結果に表示されるWebページはトップページだけとは限りません。Webサイトのあらゆるページが検索結果に表示されますので、ユーザーがどのWebページを入り口として、自社のWebサイトへ訪問してきたのかを把握する必要があります。

・離脱率
 ページ遷移することなく、1ページ目だけで離脱したユーザーの割合です。
「離脱率 = 離脱数 ÷ ページビュー数」で表されます。離脱率は「特定のページがどれくらいユーザーを逃しやすいか」を定量化するものです。

次にリファラー部分の説明です。
リファラーとはそのページに行く前に見ていたページ情報のことです。
どこからサイトにアクセスしてきたのか特定することが可能です。

・Direct
 アドレスの直接入力やお気に入りからのアクセス
・Referral
 別サイト(まとめブログやNAVERまとめなど)のリンクからのアクセス
・Facebook
 Facebookからのアクセス
・Twitter
 Twitterからのアクセス
・Organic Search
 GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した結果からのアクセス

一般的にOrganic Searchが高いほどページの評価が高いといえます。
TiwtterやFacebookなどのSNSで集客をしている場合は、その効果を確認できます。



4. 「アクセス分析」を業務にどう活用するか?

アクセス分析による営業
「アクセス分析」はWebページの成績表のようなものです。Webページの集客情報が一目でわかります。コンバージョン(成約)と結びつけて考えるとページの営業価値もわかります。さらにどのようなサイトからのアクセスが多いかがわかるので、潜在的な顧客(リード)の特定にも役立ちます。
例えば、リファラーに野球の試合情報が多かったとすると、顧客は野球に興味のある層だと分かります。顧客の好みや傾向がわかることで営業の成果を上げやすくなることが期待されます。
SNSからの流入が想定よりも少ないようであれば、内容を工夫する必要があるかもしれません。
以上のように、Web上での営業活動のレビューを自動で行うことで、業務の効率化に貢献しています。



5.  まとめ

今回はSpacelyのアクセス分析についてお伝えしました。
アクセス分析はWebでの集客を行う上では欠かせません。
Spacelyでは、業務効率化をサポートできるような新たな仕組みをこれからも発信し続けていく予定です。

SNSでフォローする