VRの活用へのヒントが見つかるメディア

かんたんに追客!スペースリーのセールスVR「分析URL」活用!

この記事では、SpacelyのセールスVRを、DNS設定なしで使う方法を解説しています。
セールスVRから分析URLを発行して、お客様の閲覧状況をリアルタイムで把握することができます!

セールスVR機能は特定の顧客が、どのコンテンツをいつ、どのように閲覧したかを記録、分析できる機能です。詳細は以下の記事をご覧ください。
【新機能】スペースリーに「セールス VR」が追加!営業効率が大幅改善!

セールスVRから登録したお客様に個別メールを送ったり、メーリングリストにリストメールを送ることができますが、DNSの設定が必要になります。

この記事で解説する分析URL発行であれば、普段使っているOutlookやGmailなどのメールソフトや、LINEなどでコンテンツのURLを送ることで、DNS設定をせずに追客することが可能になります。

 

 

1. 分析URLの発行

まず、Spacelyのマイページの右上の▼のアイコンを押して、セールスVRをクリックします。

セールスVRページへ

セールスVRのページに移動したら、左側にあるメニューの「顧客」>「顧客登録」から、顧客情報を登録します。
「苗字・名前」と「メールアドレス」は必須項目なので、必ず入力してください。
その他の情報も登録すると、「顧客一覧/発行」の画面で会社名や役職・メモなどの内容で検索をかけることができます。
必要な情報を入力したら、「追加する」ボタンをクリックしてください。

顧客登録

顧客情報の登録が完了したら、左側にあるメニューの「顧客」>「顧客一覧/発行」から分析URLの発行を行いたい対象のお客様の名前をクリックします。

顧客一覧

以下のようなお客様のページに移ったら、右上にある 「分析URLの発行」をクリックします。

分析URL発行

分析URLを発行したい対象のプロジェクトをクリックします。
対象のプロジェクトの左側にチェックが入っていることを確認したら、右上の「URLを発行する」をクリックします。

分析URLプロジェクト選択

すると、以下のようなページに移ります。
「URLをコピーする」をクリックして分析URLをコピー、またはQRコードをダウンロードしてください。

分析URLコピー

これで、選択したお客様の対象のプロジェクトに対する分析URLが発行できました。
あとは、メールなどで発行した分析URLをお客様にお知らせしましょう。

 

2. 分析URLの使い方

発行した分析URLをお客様がクリックすると、Spacelyから以下のようなメール通知が来ます。

分析URLメール通知

「テスト(プロジェクト名)のリアルタイム閲覧状況」をクリックすると、お客様がプロジェクトを閲覧している場合、お客様の画面と同期します。
お客様が今どの部屋を見ているかなどをリアルタイムで把握することができます。

「閲覧後の詳細はこちらからご確認できます。」の下に書いてあるURLをクリックすると、お客様の閲覧情報の詳細を確認することができます。
以下のようなページに飛ぶので、閲覧履歴の中から閲覧情報を見たいアクセスの「詳細」をクリックします。

分析URL詳細クリック

一番上の円グラフは、どのシーンに何秒滞在したかの割合を表しています。
その下に、具体的なシーンの滞在時間や、埋め込まれた画像やコメントを何回クリックしたかなどが表示されています。

閲覧詳細

以上が、DNS設定なしで簡単にセールスVRを使う方法でした!
分析URLを上手に活用して、リアルタイムでお客様を接客してください!

SNSでフォローする