VRの活用へのヒントが見つかるメディア

【VR不動産事例】スペースリーで社員4名で年間6,000万円の利益|ケイアイホーム

本内容は、株式会社スペースリーが2019年に開催いたしました「スペースリー不動産ユーザーカンファレンス」における「不動産VR『スペースリー』利用事業者パネルディスカッション」をもとに作成しております。

以下はSeltech株式会社  代表取締役  和智様(株式会社ケイアイホールディングス  グループ会社)の回答内容の抜粋です。

 

  • 回答者:Seltech株式会社  代表取締役  和智氏(株式会社ケイアイホールディングス  グループ会社)
  • モデレーター:株式会社スペースリー  COO  中嶋 雅宏

 

【対談内容】

不動産VR「スペースリー」の活用により、
不動産管理会社の社員4名で
年間6,000万円の利益を生み出した方法とは?

 

– 不動産VR『スペースリー』をどのように活用していますか?

ケイアイグループは岡山・広島・兵庫の西日本エリアを中心に不動産賃貸仲介と賃貸管理などを行っております。仲介件数年間8,000件、管理件数12,000件です。当社はマンスリー運営も行っているのですが、大阪から福岡まで、西日本の物件ほぼすべてにスペースリーを使っています。

マンスリーの場合、現地内見があまりありません。そのため、ホームページ上の物件情報がとても重要で、VRが効果を発揮しています。部屋の細かい設備情報、それこそコンセントの位置なども含めて、360度のVR画像で詳細まで確認できるため、ユーザー満足度はとても高いです。

そして、物件のすべての情報をいつでも見れる安心感から、未内見でも契約につながっています。現在、Weekly&Monthly株式会社を設立し、ポータルサイトを運営しています。そこで、他の不動産会社さまと全国統一ブランドで物件情報を公開しており、そのすべてにスペースリーを導入していくつもりです。

 

– スペースリーの具体的な活用方法を教えてください。また、効果は出ていますか?

具体的には、マンスリーで使っており、スペースリーのおかげでとても利益が出ているのです。

当社は300戸の物件を4名で管理しているのですが、地方物件は点在しているため、1戸1戸の物件が離れており、一人が広範囲を担当しなければなりません。そのため、効率的な運用をしなければなりません。そこで活用しているのがスペースリーです。

例えば、事務スタッフや派遣スタッフとの情報共有をすべてスペースリーで行えば、細かい質問をする必要がなく、スペースリーで詳細な物件情報を確認することができます。

スペースリーのおかげで、わざわざ物件を見に行かなくても良くなり、ユーザーからのお問い合わせにもスペースリーを共有することで細かい案内が不要になります。これだけでも業務時間の大幅な削減につながっています。

そのおかげもあり、社員4人で年間6,000万円の利益が出ています。従来の業務が大幅に改善されていますので、自信を持って効果が出ていると言えます。

 

-「社員4名で年間6,000万円」は凄いですね!より詳細をお聞かせください。

少ないスタッフ数でやるためにはスペースリーが必須です。

たまに「物件を見たい」というお問い合わせがあり、過去にとても困ることがありました。数少ないスタッフのなかで、そのうちの一人がお客さまのご対応に時間が取られてしまうと、回らなくなってしまうからです。

そのため、このようなお問い合せについては、現地物件の見学に促さず、スペースリーで対応を完結させています。

一般の賃貸と異なり、マンスリーの場合は、そこまで場所の確認はしません。それにいまの広角レンズカメラはとても質が良いので、撮影すると実際の部屋よりも良く見えるため、スペースリーのほうが情報を正確にお見せできると思います。

実際、お客さまにスペースリーでご案内すると、「この360度VRで十分」だと感想をいただき、契約になります。ちなみにスペースリーをご覧になって契約された方からクレームをいただいたことは一度もありません

スペースリーを活用してから、スタッフが動かずとも契約ができるようになりました。この取り組みが高収益につながっており、効果が出ているとお伝えしたのもそのためです。

また、地方は人の雇用がとても難しく、スペースリーのようなサービスを使うことで、物件案内のためのコストが削減できます。

物件までの往復移動に2時間以上かかることがあります。そこで契約になれば良いのですが、もう1回物件を見たいということになると、さらに多くの時間を要してしまい、経営面では死活問題になります。

そのためスペースリーを活用して、生産性を向上させることは、大きなポイントだと考えます。

——

 

本記事をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

不動産VRを活用して、業績UPを実現されている不動産企業様の事例8選をまとめさせていただいた事例集もございますので、ご興味がありましたら以下よりダウンロードしてみてください。

 

株式会社スペースリーとは

360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」を開発し、2016年11月の開始以来2年間で、不動産、ハウスメーカー、人材サービス企業、旅行、結婚式場、イベントなどの分野を中心に3,200社以上にサービス提供。

スペースリーは、リーズナブルな価格、直感的な操作で、ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。

 

不動産VR「スペースリー」の14日間の無料トライアルをご希望の方はこちらからお申し込みください。

 

成功事例多数ご紹介!
おすすめの資料ダウンロードのご案内

 

SNSでフォローする