VRの活用へのヒントが見つかるメディア

【iOS12.2】Safariでのジャイロ機能を有効にする方法

compass

この記事では、iOS12.2のアップデートによってデフォルトで無効になってしまったジャイロ機能を有効に設定して、SafariでVRを閲覧できるようにする方法について説明しています。

 

今回のアップデートで何が変わったのか?

iOS12.2にアップデートすると、デフォルトでSafariでのジャイロ機能が無効になってしまいます。

Spacelyで作ったVRコンテンツにSafariからiPhoneでアクセスすると、下の写真のような画面に行きます。

ジャイロモードへ

その画面の右下にある、VRゴーグルのアイコンをタップすると、ジャイロモードに切り替わります。

アップデート以前では、ジャイロモードに切り替えると、iOS端末を動かすと画面がそれに対応して動いていましたが、iOS12.2にアップデートした後はこのジャイロモードが機能せず画面が動かなくなってしまいます。

 

iOS12.2でジャイロモードを有効にする方法

アップデート後にデフォルトで無効になっているジャイロ機能を有効に設定変更すれば、今までと同様にSafariでもジャイロモードでVRを閲覧することができます。

1. ホーム画面から「設定」を開きます

設定アイコン

上のアイコンをタップして「設定」を開きます。

 

2. 「設定」の中から「Safari」をタップします

設定Safari

「設定」を開くと、上のような画面が出てくるので、その中から「Safari」を探してタップします。

 

3. 「Safari」の「プライバシーとセキュリティ」から「モーションと画面の向きのアクセス」を有効にします

設定ジャイロoff

「Safari」の中の「プライバシーとセキュリティ」の項目の中にある「モーションと画面の向きのアクセス」を探します。

デフォルトではアップデート後にこの項目がオフになっているので、右のスイッチをタップしてオンにします。

設定ジャイロon

上の写真のようになったら、設定完了です。
Safariでのジャイロ機能が有効になりました!
これでアップデート以前と同様に、SpacelyのVRコンテンツをジャイロモードで楽しむことができます。

 

SNSでフォローする