VRの活用へのヒントが見つかるメディア

遠隔地のお客様にVRで自社物件を案内!?サービス充実のオフィスや住宅を提供。〜セントランド株式会社〜

みなさん、こんにちは。Spacelyの中嶋です。
今回はスペースリー導入事業者様インタビュー企画の第二弾として大阪のセントランド株式会社様にお邪魔してきました。



セントランド

今日はよろしくお願いいたします。セントランドさんは自社保有のオフィスビルを賃貸管理されてるんですよね。

そうですね、弊社は新大阪エリアを中心にオフィスビルや高級賃貸レジデンスを保有して、賃貸で運用しています。東京だと西新宿にも弊社保有のオフィスビルがあるんですよ。ただ、弊社のビジネスは単純に不動産を賃貸するというよりはサービス業だと考えています。

それはどういうことですか?

弊社が保有しているのは中規模なオフィスが中心ですが、大規模ビルと同等以上のサービスや付加価値を提供しています。
例えば、清掃にはすごく力を入れています。トイレはいつ行っても綺麗なように清掃は1日6回、窓ガラスの清掃も毎月、内側も、外側も、いつも綺麗な景色を見ていただきたいという思いがあります。植栽一つにしても生花を使いますし、植え替えも随時行なっています



それから共用の会議室やリフレッシュスペースなど、共用設備も充実しています。例えば、弊社が入っている新大阪グランドビルの屋上にはパターゴルフ場がありますし、最近竣工した西九条セントメディックビルの屋上には BBQができるスペースもあるんですよ。

セントランド本社がある新大阪グランドビルの屋上にはパターゴルフ場が!

セントランド本社がある新大阪グランドビルの屋上にはパターゴルフ場が!

それは羨ましいですね!

御社も大阪に支店を出すときはぜひ検討してくださいね!

 

スペースリー導入のポイントは?

スペースリーを導入しようと考えたのはどんな背景があったのですか?

弊社は入居者様や潜在的なお客様、仲介業者様に向けての情報発信を自分たちでも積極的に行なうようにしています。
その一環として、遠隔地から物件探しをするお客様向けに、物件の魅力を伝えるためのツールを探していたところに、Spacelyを見つけたんですよ。
弊社物件は新大阪エリアが多いのですが、新大阪は東京や他の地方へのアクセスが良いので、関西エリアへ進出する企業様や転勤で単身赴任されるお客様など、遠隔地からのお客様が多いんですね。

確かに遠隔地の物件を検討する場合は、ウェブ上でわかりやすく物件を見れる方が絶対にいいですよね。
導入するときは、どのようなポイントを中心に検討されたのですか?

いくつか類似サービスも検討したのですが、ウェブで見たときのわかりやすさですね。360度で見るだけでもわかりやすいんですが、平面図上でどこを見ているかわかることや、アピールポイントの説明も簡単に追加できるのもいいですね。あとはやはり遠隔で募集することを考えたときに、ウェブブラウザだけで遠隔接客できる機能は、将来的に色々活用できそうだと思いました。無料トライアルで試しに使って見て、これだったらかんたんに使えそうだと感じて、導入を決めました。

実際に導入してみていかがでしたか?

まだ導入して1−2ヶ月なんですが、早速成果が出たんですよ。単身赴任でのお部屋探しのお客様だったのですが、忙しくて内見のために大阪に来ることができないという状況でした。3件ほど候補の物件はあったようですが、弊社物件がウェブ上の360度VRでわかりやすく内見できたため、決め手になったということでした。仲介業者さんも東京の方だったのですが、やはり通常の資料だけで仲介業者さんに物件の魅力を理解してもらうのは難しいので、360度VRコンテンツがとても役立ちましたよ!

私も本当に嬉しいです!狙い通りに遠隔地からのお客様向けに役立ったのですね。

松田さん


気合いを入れて準備した内覧会当日は・・・

普段はどんな感じでスペースリーで作ったコンテンツを活用されているのですか?

現在はお客様から反響があったら、コンテンツのURLをメールでお送りしています。今後は、ホームページでの空室物件情報の発信でも使っていきたいですね。
あとは、仲介業者様向け資料にQRコードを入れてご案内するなどして、通常の物件資料では伝えにくい情報をわかりやすく伝えたいと考えています。

確かに仲介業者さんに物件の魅力を理解していただくことは大切ですよね。

そうですね。仲介業者さんに弊社物件について詳しくなっていただくために、内覧会を開催するなど積極的にコミュニケーションをとるようにしています。先日、西九条に新築オフィスビルが竣工したので、竣工後すぐに全館360度撮影し、内覧会用にVRコンテンツを作りました。

QRコードを印刷した資料を用意して、現地内覧会でも見れるようにiPadも用意しました。
良いコンテンツを用意しても、認知してもらえないと意味がないので、360度VRを使っていることをアピールしようと考えたのです。

見てもらえないと宝の持ち腐れになってしまいますよね。当日はどれくらい来場者があったのですか?

それが内覧会当日が豪雨で、通常80名から100名は来場するところ、その時は50名のみの来場でした。
そこで急遽、ウェブからでも内覧できますよということで、物件資料と一緒にVRコンテンツのURLをメールでご案内しました。
直前のご案内が功を奏して、その後VRコンテンツを見たと言って問い合わせをしてきて、別日に内覧してくれる仲介業者さんもいました。
あとは、外が豪雨だったので、屋上テラスの様子などを見せることができたのは良かったですね。

仲介業者さんの間でも活用していただけると良いですよね。
ところで、現在スペースリーを使われていて、こんな機能があったらいいのにと思うことはありますか?

家具や備品のシミュレーションが手軽にできたらと思います。オフィスビルの場合、10−20坪ほどの小さい区画も多い場合があります。風景が似ているので、レイアウトのイメージがしにくく、ミスマッチがあると1年とかで出てしまうお客様もいらっしゃいます。人数を4人とか10人とかに合わせて、家具などを置いた内装シミュレーションがかんたんにできるといいですね。あくまでイメージなので、デザインは簡易的でも良いのですが。

貴重なご意見ありがとうございます。実はスペースリーでも360度写真とCGを組み合わせたバーチャルホームステージングのサービスは提供していますが、確かにユーザー側で自由にシミュレーションできると便利ですよね。

 

気になるお家賃は・・・

セントランド社

ところでオフィス以外に高級賃貸レジデンスも保有されているということでしたが、普通の住宅とはやはり違うんですか?

高級賃貸レジデンスのフローラルセントランドでは、コンシェルジュが常駐していて、クリーニングや宅配の手配はもちろんのこと、有料ですがハウスクリーニングやシーツの交換もお受けしています。
あとは、ゴルフバッグの受け取りも電話1本でお部屋の中まで届けることができますし、お困りごとにはできる限りの対応を心がけています。

日中忙しい単身赴任の方には絶対便利ですね!

入居者様と近い距離で「痒いところに手がとどく」「日常生活を豊かにする」「安心のセキュリティ」に重きをおいたサービスを提供しています。
例えば、単身赴任の入居者様がお仕事中にご家族がいらした時には、事前にお伝えいただければコンシェルジュがお出迎え、鍵のお引き渡しはもちろん、共用トイレに行くときにお子様やお荷物をちょっと見て差しあげたりとか、そのような親身な対応が入居者様の満足につながっていると思います。

いいですね!!私もそんな家に住みたいです(笑)
でもこれだけサービスが整っていると必然的にお値段は高くなりそうですね…

家賃は小さいお部屋で15万円から。中心価格帯は20万円台です。周辺相場より高いですが、サービスに力を入れているのでご納得頂けているのだと思います。
あとは、SOHOとしてもお使いいただけます。シーツ交換サービスもあるので、寝室は出張してくる同僚向けのホテルの代わりに使って、リビングを執務スペースにしている入居企業様もいますよ。

なるほど、それだけのサービスがあればリーズナブルかもしれませんね。
大阪に進出する際はぜひ検討させてください!
松田さん、本日はインタビューに応じてくださってありがとうございました。

ありがとうございました。

 

おわりに

インタビュー

今回はセントランドさんがどのようにSpacelyを使っているのかを取材に来ましたが、提供するサービスへのこだわりには驚かされました。弊社も業種は違いますが、提供するサービスの質にはこだわっていきたいと思いました!

SNSでフォローする