VRの活用へのヒントが見つかるメディア

Spacely中級編:様々な設定や編集機能を使ったVRコンテンツの作り方

前回の記事、Spacelyの使い方 – 簡単なVRコンテンツの作り方基礎編では、標準的な360度VRコンテンツを制作する基本的な方法や設定について解説しました。今回の記事では、Spacelyを使って360度VRコンテンツを制作する際の、より細かい設定について説明します。

1. コンテンツ制作時の設定

1)全般設定(ステップ1)

・FOVの設定

ステップ1では、FOVを設定することができます。FOVはField of Viewの略語で、視野角を表します。FOVが大きければ大きいほど、一度に見える視界は広くなります。


新しいタブで開く>
FOV 40、最小10、最大70の場合


新しいタブで開く>
FOV120、最小90、最大150の場合

この2つを比較すると、FOVによって見える範囲が全く異なることがわかって頂けると思います。

デフォルトではFOV 90、FOV最小値 40、FOV最大値 90となっており、特に好みがなければこの数値は変更する必要はありません。

・開始時に各シーンのサムネール表示

このボックスにチェックを入れると、プロジェクトの再生開始時、目の前の各シーンの入口となるサムネール画像を表示しないようにできます。
トップ画面から特定の順序でシーンを見せていきたい場合などに便利です。コンテンツの構成の好みによって設定してみて下さい。

・シーン一覧のサムネールをスクロール形式に

このボックスにチェックを入れると、シーン一覧のサムネールをスクロール形式で表示することができるようになります。
スクロール形式表示の詳しい活用方法に関しては、以下の参考記事をご覧になってみて下さい。
参考:戸建物件などシーン数が多い360度VR内見コンテンツの作り方(Spacelyの使い方応用編)

・コンテンツ閲覧ガイド

このボックスにチェックを入れると、スマホ、タブレット時とPC時とそれぞれについて、画面の操作や閲覧方法のガイドをコンテンツに入れることができます。コンテンツの右上に「?」マークが表示されます。
 

2)アップロード作業(ステップ2)

ステップ2の画像アップロード作業のタイミングで、画像に加工処理を加えることができます。写真の編集ボタンをクリックすると、このような編集画面に移行します。
この画面では、写真全体の明るさや彩度の調整、シャープネス・エフェクト処理などが可能です。

また、アップロード後の写真の順番を変更することも可能です。サムネール画像をドラッグするだけで、簡単に並び替えることができます。

3)各シーンの設定(ステップ3)

ここでは、更に細かい写真の編集ができます。

・処理画像補正

ここでは、赤目処理やぼかし処理といった、ステップ2よりもさらに細かい写真の編集をすることができます。
360°写真には第三者の顔など意図しないものが写り込みやすいので、そういったものを隠すときにぼかし処理が便利です。

・関連シーン追加

ここでは、特定のシーンに関連するシーンを追加することができます。
メインのシーンは10枚までしか登録することができませんが、この機能を使うことでひとつのプロジェクトより多くの360°写真を入れることができます。
関連シーンにアップロードしたシーンには、シーン一覧から入ることはできませんが、矢印の移動やフロアマップ上のカメラアイコンから入ることができます。

・切替シーン追加


新しいタブで開く>

ここでは、上のコンテンツサンプルのように、1つのシーンと対になるシーンを追加することができます。
ビフォー/アフター、収納などのオープン/クローズ、昼間と夜景のシーン切替などの設定が可能です。

・開始シーンの設定

チェックボックスを入れたシーンがプロジェクト読み込み時の開始シーンとなります。

・シーンの開始位置の設定

この設定を使うと、指定した位置からシーンをスタートさせられる設定ができます。

4)各シーンにVRアクション追加

SpacelyのVRアクション設定

VRアクションを追加するステップで、360°写真の空間内にYouTube外部リンクの埋め込み、外部サイトをiframeで埋め込むことができます。画像左上、左から4つ目のアイコンをクリックすると、下にYouTubeと外部ページのリンク、外部サイト埋め込みのアイコンが展開するので、ここからそれぞれを空間にドラッグすることで埋め込みが完了します。

Spacelyの使い方 – 簡単なVRコンテンツの作り方基礎編で紹介したように、シーン移動写真コメントキャプションの埋め込みと同様、簡単な操作で設定が可能です。

2. 編集編

Spacelyにアップロードしたプロジェクトは、アップロード後にもいつでも編集が可能です。
トップページの右上、マイページをクリックすると、過去にアップロードしたプロジェクトの一覧が表示されます。

各プロジェクトのサムネイル右下に並んでいるアイコンをクリックすることで、以下の操作が可能です。

1)シェアアイコン

QRコード/埋め込みコード/URLを表示
紙媒体で配りたい際に便利なQRコードや、ホームページに貼り付ける際に使うコンテンツの埋め込みコードを取得できます。

Facebook、Twitter
マイページから移ることなく、すぐにFacebookやTwitterに投稿してシェアすることができます。

2)歯車アイコン

プロジェクト編集、VRアクション編集、フロアマップ追加(編集)、開始シーン選択など、プロジェクトを作成する際に設定した内容を再度編集することができます。

3)その他アイコン

ここでは、
・プロジェクト各種情報の表示
・プロジェクトのコピー作成
・プロジェクトの削除

が可能です。

まとめ

Spacelyでは以上のように、画像のアップロードや管理だけでなく、画像の明るさ調整や画像補正、シーンの開始位置の設定など豊富な設定機能があります。また、マイページからの編集画面でいつでも編集が可能です。これらの機能を使いこなして、ぜひ物件の魅力を伝えるコンテンツを作ってみてください!

Spacelyのページはこちら>

参考リンク:
360度VRコンテンツ制作ソフト「Spacely」の使い方の記事一覧
360度VRコンテンツ制作ソフト「Spacely」の使い方に興味がある方はこちら

SNSでフォローする