VRの活用へのヒントが見つかるメディア

スペースリープロジェクト編集画面の使い方

この記事では、スペースリーのプロジェクト編集画面の使い方を解説します。

 

プロジェクト情報確認/編集

1. プロジェクト名

プロジェクト名を編集することができます。物件名などを入力しましょう。

 

2. 住所

プロジェクトの住所を登録・編集することができます。

 

3. 公開状況

「公開」「限定公開」「非公開」の3つの中から選択して変更することができます。
「公開」ではプロジェクトがSpacelyサイトの「VR一覧」に表示されます。
「限定公開」ではURLを知る人のみがアクセスでき、「非公開」では作成者のユーザーIDとパスワードを入力しないとアクセスできません。

 

4. コメント

プロジェクトに対するコメントを入力することができます。
公開しているプロジェクトがSpacelyサイトの「VR一覧」に表示される際に、このコメントも表示されます。

 

5. URL

https://spacely.co.jp/◯◯◯/×××
プロジェクトのURLの末尾を変更することができます。(上の×××にあたる部分)
物件名のアルファベットや物件番号に設定することが多いです。
◯◯◯にあたる部分には、プロジェクトを管理する各ユーザー名(グループ共通URLが設定されていれば、グループ全体での共通URL)が入るので編集することはできません。

 

6.プロジェクトをコピー

選択したプロジェクトをコピーすることができます。
コピー後のプロジェクトにはコピー元のプロジェクトの各種設定が引き継がれます。

 

7. プロジェクトを削除

選択したプロジェクトを削除することができます。

 

8. 360度画像一括DL

選択したプロジェクトの360度画像をzip形式でダウンロードすることができます。

 

9. シェア

選択したプロジェクトのQRコード・埋め込みコード・URLを表示することができます。

また、TwitterやFacebookなどのSNSでシェアすることもできます。

 

10. ヘッダーにコードを追加する

プロジェクトのHTMLのヘッダーにトラッキングコードやマーケティングオートメーションコードを埋め込むことができます。
現在はGoogle Tag Manager、Marketo、Pardotのコードに対応しています。

詳しい設定の仕方などは、以下のページをご覧ください。
スペースリー編集画面でGoogle Analytics設定とアイコンカスタマイズが可能になりました

 

プロジェクト各種設定

トップ画面の正面に表示されるロゴ画像をアップロードすることができます。
不動産会社のロゴなどが良いでしょう。
画像ファイルはJPGかPNGファイルを選択でき、自動的にリサイズされます。
背景が透明のPNGファイルがおすすめです。

 

2. フォントタイプ

プロジェクトで使われるフォントを「ゴシック体」「明朝体」「global言語対応フォント」の中から選択することができます。
多言語対応が必要な場合には、「global言語対応フォント」を選択してください。

 

3. BGM(mp3)

mp3形式の音楽ファイルをアップロードして、プロジェクト全体にBGMを追加することができます。

プロジェクト読み込み時はミュート、アイコンをクリックすると音楽が再生します。
プロジェクト開始時に自動での音楽再生を有効にすることができますが、スマホの場合は開始時の音楽再生は無効になりま す。

 

4. 足元のパッド(三脚/一脚隠し)の色

プロジェクトに合わせて、足元のパッドの色の変更ができます。
透明を選択すると、パッド自体が消えるので、5.の足元のパッドに入れるロゴ画像は設定できなくなります。

 

足元のパッドにロゴの画像を設定し、そこに外部ページのリンクを埋め込むことができます。
また、足元のパッドのサイズを変更することもできます。
サイズは1.0が通常サイズで0.8〜2.0までの間で自由にサイズを設定できます。

 

6. 拡大/縮小(FOV)の設定

FOVとはField of View(視野)の略語です。FOVの数値を設定することで、画面に表示される範囲を変更することができます。
視野角の初期値に加えて、最大ズーム時の視野角(FOVの最小値)、最もひいた時の視野角(FOVの最大値)の設定ができます。
通常は、初期値が90、最小値が40、最大値が90となっています。

 

7. VRアクションの画像設定

VRアクションの画像設定をすることができます。
初期設定であるベーシックアイコンの色を変更することや、新しいアイコンをアップロードすることができます。

アップロードした画像は112×112ピクセルにリサイズされます。
プロジェクト単位での設定となるので、例えば、特定のシーンのあるアイコンの色だけを変更するというようなことはできないので、ご注意ください。

 

8. その他の表示設定

その他の詳細設定が可能です。

開始時にシーン一覧を表示する
コンテンツが開かれた時、シーンの一覧が表示される設定にできます。

シーン一覧を一列にスクロール形式で表示する
含まれるシーン10個までが正面に一覧で表示されますが、これをコンテンツ下部にスクロール形式で表示する設定にできます。
関連シーンなどシーンの数が多い時などに有効です。

コンテンツ閲覧ガイドを表示する
コンテンツの見方についてのガイドを表示できます。
右上に「?」アイコンが表示され、それをクリックするとガイドが表示されるようになります。

移動時のローディング状況を表示する
シーンを移動する時、ローディング状況が0%〜100%で表示されます。

コンテンツを自動回転表示する
コンテンツを自動で回転させ動きを出す設定にできます。
はじめにコンテンツが動き始めるようになり、左下に停止と再生を切り替えるボタンが表示されるようになります。

トップ画面にタイトルを表示する
トップシーン正面にプロジェクトのタイトルが初めに表示されます。

お問い合わせボタンを常に表示する
コンテンツの右上にコンタクト用のボタンを表示することができます。
お問い合わせボタンのリンク先のURLも設定してください。
ボタンをカスタマイズする場合は、アップロードした画像は404×110ピクセルにリサイズされます。

 

シーンのタイトル編集

各シーンのタイトルを変更することができます。

 

シーンの追加

新たに360度画像を追加することができます。
ファイルから追加を押すと、新規360度 画像をPCからアップロードできます。
フォルダから選択を押すと、クラウド上 のフォルダから画像を選択できます。

 

シーンの削除/並べ替え

「削除」ボタンを押すとシーンを削除することができます。
プロジェクトには最低1枚のシーンが必要です。
「並べ替え」ボタンをクリックしながらドラックすると、シーンの並べ替えを行うことができます。

一番上にあるシーンが、初めに表示されるシーンになります。

 

画像の入れ替え/DL

既にアップロードしてある画像を差し替えたいときに使います。
シーンの追加と同様に、ファイルから追加を押すと新規360度 画像をPCからアップロードでき、フォルダから選択を押すとクラウド上 のフォルダから画像を選択できます。
また、矢印アイコンをクリックすると、各シーンごとに360度画像をダウンロードすることもできます。

 

全体画像加工(明るさ/色味)

各シーンごとに360度画像全体を加工することができます。
全体の明るさやコントラストを調整するときに使います。
ステッキのアイコンをクリックすると画像編集ソフトが起動します。

以降の画像加工の詳細な手順は、以下のページをご覧ください。
Spacely 初級編:VRコンテンツを明るくする方法

 

部分画像加工(ぼかし/描画)

各シーンの360度画像を6方向に分割した画像それぞれについて画像編集ができます。
写ってはいけないものが写り込んでしまったときに、ぼかしをかけたりすることができます。
パレットのアイコンをクリックすると画像編集ソフトが起動します。

以降の画像加工の詳細な手順は、以下のページをご覧ください。
Spacely初級編:360度VRコンテンツへのぼかしの入れ方

 

VRアクションの編集

シーン移動の矢印や、画像やコメントの埋め込みを編集できます。
VRアイコンをクリックすると別画面でVRアクションの編集画面が開きます。

以降のVRアクションの編集手順については、以下のページをご覧ください。
Spacely 初級編:簡単なVRコンテンツの作り方基礎編 5.VRアクションの追加

 

シーン切替設定

3段階までの切替シーンの設定をすることができます。
シーンの追加と同様に、ファイルから追加を押すと新規360度 画像をPCからアップロードでき、フォルダから選択を押すとクラウド上 のフォルダから画像を選択できます。
ビフォー/アフター、日中/夜景など切替の種類の設定もできます。

詳細な手順については、以下のページをご覧ください。
Spacely初級編:360度VRコンテンツの日中/夜景、オープン/クローズなどのシーン切替方法

 

シーン開始時の方向設定

向きアイコンをクリックすると、各シーンの初期位置の設定ができます。

どの向きからシーン移動が行われても、シーンが開始する方向を常に固定したい場合は、ここから初期位置を設定してください。

 

ホームステージング

360度VR写真の部屋にCGで家具を配置するホームステージングを依頼することができます。
ホームステージングを行うためには、チケットを購入することが必要です。

具体的なチケットの購入方法などについては、以下のページをご覧ください。
スペースリーホームステージング依頼方法

SNSでフォローする