VRの活用へのヒントが見つかるメディア

Spacelyの動画プロジェクト完全マニュアル!作成と編集方法をくわしく解説します!

この記事では、Spacelyで360度動画を作成したり、編集したりする方法を解説しています。

360度の動画を使えば、わかりやすく臨場感のある営業がしやすくなるはずです。
ぜひこの機会に360度動画の作成、編集をマスターしましょう!

 

1. 動画プロジェクト作成マニュアル

動画プロジェクトをゼロから作り上げる方法を解説しています。
Spacelyのマイページから簡単に作成できるようになっています。

 

ステップ①

まずは、Spacelyにログインしてマイページを開きます。
「プロジェクト一覧」ページの右上にある「新規」ボタンをクリックし、「動画プロジェクト」をクリックします。

 

ステップ②

「ファイルを選択」をクリックし、撮影した360度動画ファイルを選択します。
なお、アップロードする360度動画は、あらかじめスティッチングしておいてください!スティッチングはリコーシータのPCアプリ上でもカンタンにできます。

動画を選択したら、「次のステップに進む」をクリックしてください。

 

ステップ③

つづいてプロジェクトの詳細を設定します。
プロジェクトのタイトルを入力し、フォントや足元のパッドなどの各種設定をします。

設定が終了したら「次のプロセスに進む」をクリックしてください。

 

ステップ④

プロジェクトの公開設定や動画のURLの入力などを行います。
設定が終わったら「完了」をクリックします。これで動画プロジェクトが作成できました!

以上が動画プロジェクトの作成法でした!
つづいては、動画プロジェクトの編集法を解説していますので、ぜひ参考になさってください!

 

2. 動画プロジェクト編集マニュアル

ここからは作成した360度動画を編集する方法を解説していきます。

 

2-1. VRアクション編集

動画にアイコンを追加したり、情報を書き込んだりするやり方を解説しているので、ぜひ参考にしてより良い動画を目指してください!

ステップ①

「プロジェクト一覧」ページの編集したいプロジェクトの上にポインタを持っていき、右上の歯車のマークをクリックします。

つづけて「VRアクション編集」をクリックします。

この画面が表示されたらOKです!ステップ②に進みましょう!

ステップ②

画像やコメントの埋め込みを設定していきましょう。

まずは、コメントを表示する時間を決めます。
表示を開始させたいタイミングで動画を止めて、左上の「Timer Set – START」のアイコンをクリックします。

次に、表示を終了させたいタイミングで動画を停止し、再び左上の「Timer Set – END」のアイコンをクリックします。

その後、左上のアイコンをクリックして画像やコメントなどを埋め込みます。

ステップ③

違うタイミングで表示させる埋め込みを作成したい場合は、左上の矢印ボタンをクリックし、再び「Timer Set」に戻ります。

ステップ④

動画再生中、ずっと埋め込みを表示させたい場合は、左から2番目の「Timer Set – 常に表示」という「anytime」のアイコンをクリックします。その後は3.の時と同様に画像やコメントなどを埋め込みます。

ステップ⑤

すべての編集が終わったら、右下の「保存し編集を終える。」マークをクリックします。確認画面が出てくるので、「YES」を選択すれば、VRアクションの編集は完了です。


以上が、作成した動画にコメントや情報を埋め込む方法でした!
埋め込みを上手に活用して、わかりやすい360度動画を作成してください!

 

2-2. プロジェクト各種設定

プロジェクト各種設定ページへの行き方

Spacelyにログインしてマイページを開きます。
設定を変更したい動画プロジェクトの上にマウスを持っていき、右上にある歯車アイコンをクリックします。
メニューが表示されるので、「プロジェクト編集」をクリックします。
マイページ

「プロジェクト編集」をクリックすると下のページに遷移します。
左のメニューの中から「プロジェクト各種設定」をクリックします。
プロジェクト各種設定ページ

下のようなページが開いたら、ここからプロジェクトの各種設定を行うことが出来ます。
プロジェクト各種設定

 

プロジェクト各種設定

 

1. フォントタイプ

フォントタイプ
プロジェクトで使われるフォントを「ゴシック体」「明朝体」「global言語対応フォント」の中から選択することができます。
多言語対応が必要な場合には、「global言語対応フォント」を選択してください。

 

2. 足元のパッド(三脚/一脚隠し)の色

足元のパッドの色
プロジェクトに合わせて、足元のパッドの色の変更ができます。
透明を選択すると、パッド自体が消えるので、3.の足元のパッドに入れるロゴ画像は設定できなくなります。

 

3. 足元のパッド(三脚/一脚隠し)い入れるロゴ画像と外部ページリンク、パッドサイズ

パッドのロゴ画像・リンク・サイズ
足元のパッドにロゴの画像を設定し、そこに外部ページのリンクを埋め込むことができます。
また、足元のパッドのサイズを変更することもできます。
サイズは1.0が通常サイズで0.8〜2.0までの間で自由にサイズを設定できます。

 

4. VRアクションの画像設定

VRアクションの画像設定
VRアクションの画像設定をすることができます。
初期設定であるベーシックアイコンの色を変更することや、新しいアイコンをアップロードすることができます。

アップロードできる画像ファイルの形式はpngのみで、アップロードした画像は112×112ピクセルにリサイズされます。

この設定をした後に、プロジェクトをコピーしたり、「研修用アクション変換」によって研修用コンテンツにしたりした場合も、VRアクションの画像設定は引き継がれます。

 

5. その他の表示設定

その他の表示設定

その他の詳細設定が可能です。

 

コンテンツ閲覧ガイドを表示する
コンテンツ閲覧ガイド
コンテンツの見方についてのガイドを表示できます。
右上に「?」アイコンが表示され、それをクリックするとガイドが表示されるようになります。

 

お問い合わせボタンを常に表示する

お問い合わせボタン
コンテンツの右上にコンタクト用のボタンを表示することができます。
お問い合わせボタンのリンク先のURLも設定してください。
ボタンをカスタマイズする場合は、アップロードした画像は404×110ピクセルにリサイズされます。

 

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

VRセールス・マーケ向け限定資料を以下のフォームに入力して入手することができますので、ぜひご利用ください。

SNSでフォローする