VRの活用へのヒントが見つかるメディア

Spacely 初級編:シーン移動の向きを設定する方法

Spacelyは、VRコンテンツを制作するクラウドソフトです。360°カメラで撮影した写真をアップロードするだけで、ブラウザ上で再生可能なVRコンテンツが制作可能です。不動産、観光、アートなど、幅広い分野で活用されています。

さらに、VRコンテンツを作成するうえで、360度写真同士を矢印でつなぎ、シーン移動させることが容易に可能です。

シーン移動の際に、まるで自分が歩いて移動しているかのように自然な移動をすることは、VRコンテンツを見やすくするにあたってとても重要なことです。
一方で、トイレや、風呂場のように、全体の写真は求められず、一方からの向きしか要求されない場面も数多くあります。

これらをうまく使い分ければ、見る方にとってよりわかりやすく、実際の内見に近い形での閲覧が可能になります。

今回は、VRコンテンツを作るうえでの、シーン移動の向きのコツについてまとめました。

360°カメラの向きについて

まず、物件を撮影する際に、すべての写真を同じ方角で撮影することが手っ取り早くシーンの向きを一致させることにつながります。

360度カメラは、すべての方向を撮影することが可能なので、カメラの正面の向きを意識しない方も、多くいらっしゃるかもしれません。
しかし、実は360度カメラにも前後がありますので注意が必要です。

例えばリコーシータの場合、THETAのロゴが入っている方が前方、アイコンなどLEDが点灯している面が後方です。

カメラの正面の向きを確認し、統一しておくと、シーンの向きを設定し直す必要なしに、自然な移動が可能となります。

上手な撮影方法につきましては、「リコーTHETAでかんたんに上手な360°写真を撮る〜使い方の基礎〜」をご参考ください。

spacelyにおける360°写真の向きのルールについて

spacelyにおける360°写真の向きのルールについてご説明しておきます。

例えば、コンテンツの中で、正面の向きから30度右を向いて矢印をクリックし、シーン移動をしたとします。すると、次のシーンでも、正面の向きから30度右を向いたまま開始される仕組みになっています。90度右を向いて移動を行うと、次のシーンでも90度右を向いたまま開始されます。

そのため、写真同士をシーンで繋げた際に、シーン移動が自然に見えるようにするためには、撮影する際に、向きを統一することが自然な移動をするための重要な要素になっています。

spacelyにおけるフロアマップの向きの設定方法

spacelyでは、コンテンツの中で自分が今どこを向いているのか、フロアマップに対応して表示することが出来ます。

そのためには、画像がコンテンツの中でどこを向いているのか、シーンの向きをフロアマップ上に正しく対応させる作業が必要となります。

フロアマップ上での向きについては容易に設定、変更することできます。
 

①編集画面へ移動

編集過程

spacelyにログインした後、編集したいプロジェクトの、「フロアマップ編集」をクリックします。
 

②360度パノラマ画像を確認

フロアマップの編集から、「360°check」をクリックします。

編集過程360度写真を撮った正面の向きが、赤色の線で表示されていますので、これでどの向きが正面であるのかということが確認できます。

③フロアマップの画像の向きを変更

フロアマップへの対応

パノラマ画像をもとに、フロアマップに表示されている矢印を正しく対応させれば、コンテンツを使用する際に、今どの部屋にいて、どの向きを向いているのかということを正しく表示させることが出来ます。

 

シーン開始位置の固定方法

多くの場面では、シーン移動の際、まるで歩いて向かったような自然な移動が求められますが、トイレや、風呂場のように一方からの向きしか重視しない場面もあります。

spacelyでは、シーンの開始位置を固定することができ、これにより、どの方向から移動されても、固定された向きでシーンを開始させることが出来ます。

編集選択spacelyにログインした後、編集したいプロジェクトの、「プロジェクト編集」をクリックします。

様々な編集内容が表示されますので、「初期位置設定」をクリックします。

そのうち見せる向きを固定したい360度写真について各画像の左下にある選択ボタンをクリックします。

基準となる縦線が現れますので、これを、初期段階で見せたい方向に設定し、保存します。この過程を行うことによって、どの向きからシーン移動が行われても、開始の向きを固定することが出来ます。

まとめ

spacelyでは、VRコンテンツが簡単に作成できるだけでなく、シーンの向きの設定、変更が容易に可能になっています。この機能は重宝しますね。

シーン移動を自然にすることで、より分かりやすく、実際の内見に近い閲覧を行うことが出来ますので、是非ご活用ください。

 

SNSでフォローする