VRの活用へのヒントが見つかるメディア

Spacely初級編:360度VRコンテンツへのぼかしの入れ方

SpacelyでVRコンテンツを作成するときに、駐車している車のナンバーや表札などが写っていることはありませんか?360°カメラで写真を撮ると、撮影したくないものも写ってしまうことがありますよね。

この記事では、写したくないものや消したいものに、ぼかしを入れる方法をご紹介します。

 

VRプロジェクトの写真にぼかしを加える方法

ステップ①:編集したいプロジェクトを選択

まずはマイページから、編集したい(ぼかしをいれたい)プロジェクトを選択しましょう。

プロジェクトをクリックしても、歯車マークの「設定」をクリックしてもどちらでも大丈夫です。
歯車マークをクリックした場合は、表示される「プロジェクト編集」を選択してください。

ステップ②:「部分画像加工(ぼかし/描画)」を選択

プロジェクトを選択すると、画面の左側にさまざまな編集機能が表示されています。

この中から、「各シーン」のなかの「部分画像加工(ぼかし/描画)」という項目を選択してください。

 

ステップ③:ぼかしをいれたい画像を選択

「部分画像加工」をクリックすると、編集する画像を選択する画面へと移ります。

画面右側に360°写真が一覧で表示されるので、ぼかしをいれたい画像を選択しましょう。

 

編集する写真を選択すると、以下のような編集画面へと切り替わります。

 

ステップ④:「スポット修復ブラシツール」で修正

今回は玄関横の表札にぼかしを入れてみましょう。

 

ぼかしを入れるには、画面左側にある編集ツールから「スポット修復ブラシツール」を選択しましょう。

 

スポット修復ブラシツールをクリックします。

 

スポット修復ブラシツールをクリックしたら、以下の図のようにぼかしをいれたい部分を囲んで塗りつぶしましょう。
クリックしたまま離さず、できるだけキレイに塗りつぶすのが、見やすいコンテンツを作るコツです。

 

塗りつぶしたら一旦手を放します。下の写真のように自動でぼかしが入ります。

ぼかしを入れることができたら、忘れずに「保存」しましょう。

 

ステップ⑤:変更を保存&確認

無事、ぼかしを入れることができました。

 

ぼかしを入れることができたら、画面下の「保存」を忘れずにクリックしてください。

「処理中」と表示されたあと、保存されます。

 

保存が完了して、すべての編集が完了したら「変更を確定」をクリックしてください。これで編集が完了します。

以上が画像にぼかしを入れる方法でした!

ステップ⑥:もとに戻したいときは

ぼかしを入れたときに、
・やっぱりもとに戻したい
・今の操作を取り消したい

って思うことありますよね。

その場合には、画面左上の「編集」をクリックして

「元に戻す」もしくは「やり直す」をクリックしてください。

「元に戻す」は、編集をおこなう前の状態にコンテンツを戻します。
「やり直す」は、直近でおこなった操作を取り消します。

SNSでフォローする