VRの活用へのヒントが見つかるメディア

360度画像から通常の画像を切り抜きできるようになりました!

今回のSpacelyアップデートで、360度画像から通常の写真を抜き出すことができるようになりました。抜き出した写真は画像修正をしてきれいに加工したり、大きさを変更したりして保存することができます。

 

1. 360度画像から通常画像を切り抜きする方法

プロジェクト一覧から画像の切り抜きを行いたいプロジェクトの発信ボタンから、「静止画抽出/編集」をクリックします。

プロジェクトシーン一覧から、画像の切り抜きを行いたいシーンを選択しクリックします。

ぐるぐると回して撮影したい方向に向けた後に、カメラボタンを押します。撮影後の画像が表示されますので、「画像を保存」をクリックします。

これで画像の切り抜きは完了です。

2. 切り抜いた画像の画質補正などを行う

保存した画像は「静止画抽出/編集ページ」に保存されます。
切り出した画像の右下にある編集ボタンをクリックします。

すると、以下のフォトエディタを起動できます。
エディタ

画像エディタの詳しい使い方は【Spacely 動画中級編】画像編集マニュアル動画で動画形式の案内がありますので、ご覧ください。

3. 画像を保存する


処理を一通り終えて、ローカル(PC上)に保存したいときには、画像右上のDLボタンをクリックすると、画像のダウンロードが開始されます。

静止画切り出しの機能が実装されたことで、一度360度で撮影しておけば、大体の部分はあとから自由に静止画として切り出すことができるので、写真を大量に撮影することもなくなります。今回の静止画切り出しの機能はSpacelyをお使いのお客様は皆様ご利用できます。ぜひ一度お試し下さい。

 

4. 画像をサイズを指定して一括ダウンロードする

抽出した静止画画像を、サイズを統一して一括でダウンロードすることが出来ます。

一括DL

サイズを指定し、DLボタンを押すと静止画画像がまとめてzipファイル形式でダウンロード出来ます。

DLサイズ

サイズ比率は「縦横比」「1:1」「4:3」「3:4」の中から選択できます。

「縦横比」を選択しているときは、縦横のサイズを2000px以下の範囲で自由に入力することができます。

「1:1」「4:3」「3:4」のいずれかを選択しているときは、縦または横どちらかのサイズを入力すると比率が保たれるように、もう一方の辺のサイズが自動的に変更されます。

サイズ変更

「1:1」「4:3」「3:4」のいずれかを選択した状態でカギのマークをクリックすると、比率が「縦横比」に変わり、自由に縦横のサイズを入力出来るようになります。

このとき、縦横のピクセル数は、カギマークを押す前のピクセル数が入力されている状態になります。

SNSでフォローする